長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
  • 【静岡】「夕方ちょっと粘らない?」「1,000円ポッキリで使いたい放題?!」アウトレット生コン

    【静岡】「夕方ちょっと粘らない?」「1,000円ポッキリで使いたい放題?!」アウトレット生コン

    夕方(午後3時前頃)から生コン工場には大量の残コンが戻ってくる。それらは「さっきまでJIS品だった」生コンが呼び名が変わって残コンとなる。その残コン(アウトレット生コン)は構造体などには適応できないけ...

    2020/06/14

    詳しく見る

  • 「いつまで【残コン】何も言わずに引き取ってくれるだろう?」「十分砕石として受け入れ可能」

    「いつまで【残コン】何も言わずに引き取ってくれるだろう?」「十分砕石として受け入れ可能」

    建設発生土(残土)と同じく建設現場で必ず発生する残コンはこれまで生コン屋さんが何も言わず善意で持ち帰ってくれた。その「何も言わず善意」の向こう側ではコンプライアンスや過重労働など多くのラストワンマイル...

    2020/06/12

    詳しく見る

  • 「大手もいよいよ動き出す!」4.3.5 ゼネコン主導「(仮称)残コン協議会」(博士号取得への道 #13)

    「大手もいよいよ動き出す!」4.3.5 ゼネコン主導「(仮称)残コン協議会」(博士号取得への道 #13)

    本年5月残コンソリューション【セルドロン】のNETIS取得に並行して竹中工務店をはじめ残コンに課題意識を持つ有意なゼネコン各社が残コンソリューションの現場実装を展開している。6月11日には神奈川エリア...

    2020/06/09

    詳しく見る

  • 「アウトレット生コンを活用しませんか?」注文方法について

    「アウトレット生コンを活用しませんか?」注文方法について

    生コンクリートは現場でキャンセルになったり途中で余ってしまったりしても「じゃあ、次の日に使おう」というわけにはいかない。残コンと呼ばれるこの生コン。JISマークこそつけられないが、余った直後ならまだま...

    2020/06/07

    詳しく見る

  • 「地球は困っても《産業は困っていない》コンクリート再生」1.1 本研究の背景(博士号取得への道 #12)

    「地球は困っても《産業は困っていない》コンクリート再生」1.1 本研究の背景(博士号取得への道 #12)

    論文の全体構成を目次としてまとめ、いよいよ「1.1 本研究の背景」草案作成に取り掛かる。50年の歴史を数える環境再生コンクリートが未だ汎用化の目処が立っていない事実に課題を立て、その理由と打開策を探る...

    2020/06/06

    詳しく見る

  • 「せいぜい1日4〜5回転だったのが多い日には8回転も走ってますよ!」大里ブロック・残水カット

    「せいぜい1日4〜5回転だったのが多い日には8回転も走ってますよ!」大里ブロック・残水カット

    鉄人・角田さんを擁する茨城県はつくば市の大里ブロック工業では「生コン荷下ろし後に洗浄をしない」を1年近く続けている。現場から戻った際の定番作業「残水カット」にも工夫がなされている。「せいぜい1日4〜5...

    2020/06/04

    詳しく見る

  • 【徳島】「この方法《仮設舗装材》が残コン処理の未来の標準になるかもしれない」イノベーター【変態】松尾昭の野望

    【徳島】「この方法《仮設舗装材》が残コン処理の未来の標準になるかもしれない」イノベーター【変態】松尾昭の野望

    変態の名をほしいままにする伝説松尾昭が動いた。残コンリサイクルを思い立ち行動に移したのは昨年初頭。今では残コン・スラッジ(脱水ケーキ)を一切場外排出することなく完全クローズドループを実現した。駐車場「...

    2020/05/30

    詳しく見る

  • 「実際にアクションを起こすイノベーターとの協業」コンクリート製品

    「実際にアクションを起こすイノベーターとの協業」コンクリート製品

    緊急事態宣言も解除され少しずつ人と物の動きが平常を取り戻してきつつある。そんな中千葉県のコンクリート製品工場の方から工場見学の打診。感じている、思っている、考えている、は何もしていないのと同じこと。必...

    2020/05/30

    詳しく見る

  • 「有限な星の上で無限の拡大再生産なんかあり得ない」セルドロン・循環経済新聞・MNGD

    「有限な星の上で無限の拡大再生産なんかあり得ない」セルドロン・循環経済新聞・MNGD

    残コンソリューション「セルドロン」のNETIS取得があの週刊循環経済新聞に掲載された。その原料はなんとオフィスで発生するシュレッダークズや廃品回収される古新聞や古雑誌。セルロース(樹木)が原料であるた...

    2020/05/29

    詳しく見る

  • 【茨城】「人手不足や高齢化に対して生コン工場ができること」大里ブロック

    【茨城】「人手不足や高齢化に対して生コン工場ができること」大里ブロック

    生コンのあり方も少しずつ変化している。生コンを荷下ろしした後水を使わないで工場に戻る生コン車。さらには、顧客の求めに応じて変幻自在にスランプを調整可能な超流動化材「トラパック」(白石建設命名)。もっと...

    2020/05/28

    詳しく見る

    このページのトップへ

    施工実績はこちら

    お問い合わせはこちら