長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
  • 「CO2吸収コンクリ拡大へ 政府《実行計画》概要判明」解説

    「CO2吸収コンクリ拡大へ 政府《実行計画》概要判明」解説

    テレビ朝日、Yahooニュースで取り上げられた、CCUコンクリート。世間の目は未だ開かれず、「コンクリート、イコール、政治との癒着」くらいのイメージも根強いようだ。国を挙げて取り組むべき本テーマ。国の...

    2020/12/27

    詳しく見る

  • 「石炭火力のプロジェクトについては新規にはやらない」RRCS新春座談会(1月4日10時〜)予告編

    「石炭火力のプロジェクトについては新規にはやらない」RRCS新春座談会(1月4日10時〜)予告編

    ついにRRCSに降臨した金融界の巨人日本生命はSDGs、ESG投資に関して何を語るのか。「石炭火力のプロジェクトについては新規にやらない」(松永陽介専務取締役)。「セメントていうのは自ずと二酸化炭素が...

    2020/12/22

    詳しく見る

  • 「日本版 EN 206 を創造し、残コンだけじゃなくCO2もリサイクルしちゃおう」RRCS

    「日本版 EN 206 を創造し、残コンだけじゃなくCO2もリサイクルしちゃおう」RRCS

    CO2 ≒ 残コンという考え方に夢中になっている。CARBON CUREばかりじゃない、CCU(CO2 Capturing & Utilization)技術には以前も紹介したBlue Plan...

    2020/12/19

    詳しく見る

  • 「縦割りもくっついちゃったら横に繋がる」上野敦・RRCS

    「縦割りもくっついちゃったら横に繋がる」上野敦・RRCS

    RRCS(生コン・残コンソリューション技術研究会)でご縁に授かった東京都立大学の上野先生の残コンに関するコメント、「材料(生コン)がかわいそうです。本当は、高層ビルや空港の一部になれたはずなのに、捨て...

    2020/12/18

    詳しく見る

  • 《流出》「変態?!松尾流!!残コン・スラッジ再生方法虎の巻」松尾建材

    《流出》「変態?!松尾流!!残コン・スラッジ再生方法虎の巻」松尾建材

    四国、否、世界的変態社長の名をほしいままにする徳島が生み出した松尾社長率いる建材の残コン処理方法が流出した!世界中の生コンパーソン垂涎の的。「変態松尾流残コン・スラッジ再生方法虎の巻」。⚫︎参考記事:...

    2020/12/16

    詳しく見る

  • 《座談会 第2弾》現場とアカデミア、施工者と納品業者の認識は一致しているか⁉「残コン・戻りコンの定義とは?」(RRCS)

    《座談会 第2弾》現場とアカデミア、施工者と納品業者の認識は一致しているか⁉「残コン・戻りコンの定義とは?」(RRCS)

    待望のRRCS(生コン・残コンソリューション技術研究会)座談会第2弾がいよいよリリース。現場とアカデミア、施工者と納品業者の認識は一致しているか⁉「残コン・戻りコンの定義とは?」。建設、生コンの各セク...

    2020/12/15

    詳しく見る

  • 《CO2≒残コン》「無筋コンクリートや非構造体を対象としたコンクリートは巨大な残コンとCO2の受け皿」RRCS

    《CO2≒残コン》「無筋コンクリートや非構造体を対象としたコンクリートは巨大な残コンとCO2の受け皿」RRCS

    生コン産業も拡大再生産から、資源循環型・クローズドループに180度舵を切ることを要請されている。法律や規制、規格は常に「過去」を標準化しているものであるから、「未来」を見通して先に成立するものにはなり...

    2020/12/15

    詳しく見る

  • 「エチオピアで大活躍中の我らが《セルドロン》が描く大いなる夢」RRCS

    「エチオピアで大活躍中の我らが《セルドロン》が描く大いなる夢」RRCS

    印刷工場で発生する廃棄物(副産物)「紙粉(しふん)」と残コン(生コン)を組み合わせることで誕生した瞬間吸水剤《セルドロン》は海をこえ遠くエチオピアでインフラ整備のコア技術として応用される検証が進んでい...

    2020/12/13

    詳しく見る

  • 「新しい環境再生テンプレート5Rが資源循環型社会の鍵を握る」RRCSが提唱する《3R+2》

    「新しい環境再生テンプレート5Rが資源循環型社会の鍵を握る」RRCSが提唱する《3R+2》

    RRCS(生コン・残コンソリューション技術研究会)代表理事野口貴文先生が唱える3R+2とは、資源循環型社会を占う上での新しいテンプレート。従来の3Rに新たに2つのRを加えた5Rで残コン問題は解消され、...

    2020/12/08

    詳しく見る

  • 「EN 206(欧州の工業規格)では粗骨材量の5%まで残コン再生骨材をブレンドしても良い」RRCS

    「EN 206(欧州の工業規格)では粗骨材量の5%まで残コン再生骨材をブレンドしても良い」RRCS

    MAPEIのフェラーリ博士から届いたのは、欧州の工業規格EN 206には再生(回収)骨材をバージン材の5%を上限として生コンクリートにブレンドしてもいいという記述。それも、骨材ストックヤードで直接投入...

    2020/12/02

    詳しく見る

    長岡生コンクリート
    このページのトップへ

    施工実績はこちら

    お問い合わせはこちら