長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
  • 「中央集権的な全体構想ではなく、自己組織化された辺境が拓く環境コンクリート」博士号取得への道(その3)

    「中央集権的な全体構想ではなく、自己組織化された辺境が拓く環境コンクリート」博士号取得への道(その3)

    最終処分場の逼迫や環境負荷など、コンクリート産業に対するクローズドループやサステナブル社会への貢献圧力は高まっている。関係行政や多くの研究者は再生コンクリートの必要性を主張する。なのに、普及しない環境...

    2020/05/05

    詳しく見る

  • 「検索1位に表示されるWikipedia【残コン】の近況」NETIS・東京大学(月刊残コン Vol.35)

    「検索1位に表示されるWikipedia【残コン】の近況」NETIS・東京大学(月刊残コン Vol.35)

    調べ物をするときにいつも重宝するWikipediaに登録され検索1位に表示される「残コン」の認知はいよいよ高まる。コロナで立ち止まっていたかのように見えた残コンムーブメント爆発の兆しを読む。 東京大学...

    2020/04/24

    詳しく見る

  • 「祝!セルドロンNETIS登録!!(登録番号:KT-200036-A)」残コン・浚渫・アスベスト・土砂災害復旧

    「祝!セルドロンNETIS登録!!(登録番号:KT-200036-A)」残コン・浚渫・アスベスト・土砂災害復旧

    苦節6年いまだ市場を見出すことのない「残コン」の分野でセルドロンが快挙を成し遂げた。「祝!セルドロンNETIS登録!!(登録番号:KT-200036-A)」。次のターゲットは、浚渫土・アスベスト・土砂...

    2020/04/24

    詳しく見る

  • NETIS番号:KT-200036-A「残コンソリューション(セルドロン)国交省公式文書への登録」2020/04/22

    NETIS番号:KT-200036-A「残コンソリューション(セルドロン)国交省公式文書への登録」2020/04/22

    「部屋の中の象」あるのにないものとされてきた不思議な課題「残コン」は多方面のアプローチが必要となる。その大きな山の1、監督官庁の公的な認知。年初から内定していたNETIS登録がいよいよ実現した。公開は...

    2020/04/23

    詳しく見る

  • 「Wikipediaに残コンが無いのはやっぱおかしかった」

    「Wikipediaに残コンが無いのはやっぱおかしかった」

    調べ物をする時にとても便利なWikipedia。生コンポータルでも度々ブログの引用に利用されている。そして、残コン。適正な認知が進むためには「Wikipediaに残コンが無いのはやっぱおかしかった」。...

    2020/04/04

    詳しく見る

  • 「なぜエクステリアや残コンは学問の分野として成立しないのか?」博士号取得への道(その2)

    「なぜエクステリアや残コンは学問の分野として成立しないのか?」博士号取得への道(その2)

    道路、土木、建築、フライアッシュ、高炉スラグ。工学博士を志し準備をしていてふと思いついた疑問。いろんな学問分野があるけれど、「なぜエクステリアや残コンは学問として成立しないのか?」。 フライアッシュ・...

    2020/03/30

    詳しく見る

  • 東京大学 × MAPEI × 生コンポータル【共同開発戦略ドラフト】

    東京大学 × MAPEI × 生コンポータル【共同開発戦略ドラフト】

    今東京大学野口貴文研究所とMAPEIラボとの共同開発契約が始まろうとしている。世界中どこにも見られない残コンという市場をここ日本で拓くために世界企業MAPEIは日本の環境コンクリート権威野口貴文教授に...

    2020/03/28

    詳しく見る

  • 「生コン工場の情報を社会一般に開放する」【生コンマッチング】キックオフミーティング

    「生コン工場の情報を社会一般に開放する」【生コンマッチング】キックオフミーティング

    これまで縦割り階層の産業脈で地域ごとに分断され情報が開放されていなかった生コン産業の風通しを良くする。ITとAIを駆使して社会一般と生コン産業をつなげることで生まれる新しい市場。具体的な幾つかのコンテ...

    2020/03/27

    詳しく見る

  • 「残コンで左うちわ計画」月刊残コン Vol.34

    「残コンで左うちわ計画」月刊残コン Vol.34

    深刻化する残コン問題はある時チャンスに変容する。残コンステーション、ミストチャージシステム、Re-con ZERO Spray、アウトレット生コン。再生材料の用途(出口)が開発されればもはや残コンは問...

    2020/03/26

    詳しく見る

  • 「世界が求める環境コンクリートが普及しない理由」博士号取得への道(その1)

    「世界が求める環境コンクリートが普及しない理由」博士号取得への道(その1)

    博士号取得を決意し東京大学野口貴文教授の元を訪ね教えを乞うた。僕が立てた問いは「なぜ世界は持続可能なコンクリート産業を求めているのに、具体的な技術(残コンソリューションや透水性コンクリートなど)は見出...

    2020/03/26

    詳しく見る

    このページのトップへ

    施工実績はこちら

    お問い合わせはこちら